• 銀行カードローン比較ナビ.com

カードローンの審査に落ちない対策

カードローンの審査に落ちない対策

カードローンを利用するには審査があります。

審査を通ればいいのですが、当然落ちてしまうこともあります。

審査に落ちた人は一体何が悪かったのでしょうか?

審査に落ちてしまった時、カードローン会社からは何が悪かったのか教えてくれることはありません。

そこで、落ちた理由がハッキリとはわからないものの落ちてしまった人の共通点から考えてみました。

その共通点をなくすことで審査に通りやすくなりますから、どんな人が審査に落ちているのかを確認してみましょう。



◆複数借入がある場合

 

カードローンの審査に落ちてしまったという人の情報を見ると、他社から複数借入がある場合には審査に通りにくくなっているようです。

これは、1か所で借入できる金額が少額のため借入件数が増えてしまうので、申込者の信用が低いと判断されるためです。

また、そもそも消費者金融では借入できる金額が総額で年収の3分の1までと貸金業法で決まっているので、他社から既に年収の3分の1まで借入がある場合は審査に通ることはできません。



 

◆申込みでウソをつくとどうなる?!

こういった他社の借入件数や借入金額について、申込書に記入する欄があります。

ではこれをごまかして記入した場合はどうなるでしょうか。

カードローン会社ではカードローンの申し込み審査の際は、信用情報機関というカードローン会社同士で情報を共有する機関に、その申込者がこれまでいくら借りていくら返したか、現在はいくらの借入があるかという情報を照会しています。

そのため、申込書に記入した内容に関わらず正確な情報を手に入れることが出来るのです。

もしも申告した内容と信用情報機関に登録されている内容が異なる場合、申し込んだ人が虚偽の申告をしたことになるので信用を失うことになります。

つまり、申込書に虚偽の内容を記載しても審査に通りにくくなるだけでいいことはありません。

審査に通りたいからとうそを書いてしまうと、反対に審査に落ちることが確実となってしまいます。



◆年収が高くても審査に通らない事も

 

たとえ年収が十分高かったとしても、場合によっては審査に落ちてしまうことがあります。

この場合は、借入希望額が高すぎることが原因と思われます。

年収はその金額よりも、そのうちローン返済に使われるのがどのくらいの割合かというポイントが重視されます。

収入が多くてもローン件数が多く、返済に追われているようなら返済能力が低いと判断され、反対に年収が低くても借入件数や返済金額が少ない方が審査に通りやすくなります。

そのため、現在借入金額が多い場合は申込みの時期をなるべく遅らせて、現在の借入金額を少しでも減らしてから申し込んだ方が審査に通る可能性が高くなります。



◆クレジットカードの利用状況も見られてるんです!

 

また、信用情報機関で見ることが出来るのはカードローンの利用状況だけではありません。

クレジットカードについても見られてしまうので、クレジットカードのショッピング支払いで延滞情報などがある場合も信用を失う結果につながります。

初めてカードローンを利用する人は問題ないかと思っていても、クレジットカードの支払いに関しては盲点となる場合が多いようです。

クレジットカードの延滞情報はCICという信用情報機関で監理しているので、自分がクレジットカードの支払いに延滞があるか不安な場合は、情報を問い合わせて開示してもらうことではっきりと知ることが出来ます。



◆審査に通らなくてもあきらめないで!

 

こうした審査ですが、実はカードローン会社によってその基準は異なります。

審査基準は公開されていないものの、こちらのカードローンはダメだったけど他のところは審査に通ったという話はよく聞きます。

そのため、1社がダメだった場合は他社に申し込んでみるのも一つの手です。

ただし、複数の会社に同時に申し込んだ場合は焦っていると思われて審査に落ちやすくなるので、あくまで1社ずつ申し込んでいくようにしましょう。



◆ローン審査でチェックされる事

これ以外にカードローン審査では以下のような点をチェックされています。



  • 安定した収入があるか?
  • 勤続年数が一定以上あるか?
  • 返済の支払いはなかったか?
  • 収入に対して返済比率に問題はないか?
  • 住居は安定しているか?

これらの点に当てはまらないところが多いほど、審査には通りにくくなります。



 

◆銀行系は審査に通りにくいという噂は本当か?

最後に、消費者金融のカードローンは審査に通りやすく、銀行系のカードローンは審査に通りにくいと言われている点についてです。

よく言われている話ですが、実は消費者金融のカードローンでは審査に落ちたけれど銀行のカードローン審査は通ったという人も良くいるのです。

これは審査の基準が一定ではないため、その人によって審査の通りやすさが違うのでどちらがいいかは一概には言えないということです。

そのため、どちらかのカードローンで審査に落ちた場合はもう一方のカードローンに申し込んでみてもいいかもしれません。



 

こうした点に注意して、うまくカードローンを利用しましょう。








同じカテゴリーの最新の記事

  • 三井住友カードゴールドローンの審査時間と金利から分かる「厳しさ」とは?

    お金がいますぐ必要なとき、即日発行のカードはとても魅力的ですよね? でも、ちょっと待ってください。 そのカードの金利を確認しましたか? カードローンを選ぶ上での重要項目の一つは、言うまでもなく金利です。   そ...


  • イオン銀行カードローンの審査に落ちた!原因を探り、次の手段を考える!

    今月お財布がピンチ…!というわけで「お金を借りよう!」と思い立ち、 いざ申し込んでみたら審査に落ちてしまった…。 「さて、どうしよう」 「なんで落ちたんだろう?でもお金は必要だしどうすれば…」 そんなことも少なからず...


  • 本人確認なし・在籍確認なしのカードローン

    カードローンでの借り入れの場合、職場への在籍確認がある場合があります。 借り入れの審査申し込み後は、原則として勤務先への在籍確認をしてから、審査通過ということになります。 銀行カードローンや、中小の消費者金融は在籍確認を企業への電話...


  • 専業主婦でも借りられるカードローン

    2010年6月に貸し金業法が改正され、総量規制の導入によって、主婦のキャッシング事情は大きく変わりました。 総量規制とは、個人の借入可能額が年収の3分の1まで制限されることです。 そのため、大手の消費者金融の多くが本人に収入のない方...


  • 銀行カードローンの保証会社とは?

    今回は、銀行カードローンでの借り入れに大きな役割を果たす、保証会社についてお話していきたいと思います。 銀行カードローンでは、多くは保証会社による審査があり、保証会社が銀行へ貸し出しを保証してくれることになります。万が一にも返済ができ...


  • カードローンを持っていると住宅ローン審査に不利?

    マイホーム購入の際に、殆どの人が利用する「住宅ローン」。 住宅ローンは、カードローンがある場合には審査が通り難い、と言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか? 一概に、カードローンがある=住宅ローンの審査不利、ではなく、パ...


  • カードローンの審査に落ちない対策

    カードローンを利用するには審査があります。審査を通ればいいのですが、当然落ちてしまうこともあります。審査に落ちた人は一体何が悪かったのでしょうか? 審査に落ちてしまった時、カードローン会社からは何が悪かったのか教えてくれることはありま...


  • 審査ではどんなことを調べるの?

    カードローン会社は、お金を貸すわけですから、借りたお金を返す能力があるかどうかという審査をします。また、審査基準はカードローン会社ごとにより違いがあります。 ①信用情報を照会します 信用情報とは、あなたの住所・氏名などの個人...


  • 学生と主婦は審査に通りにくいの?

    フリーターではカードローンの借り入れにはかなり不利な面があることを書きました。それでは専業主婦や学生ではどうでしょうか。 「専業主婦や学生は収入がないんだから借金は無理でしょう」一般的にはそうです。しかしそれだけでは通らないの...


  • フリーターは審査に通りにくいの?

    会社員や自営業者についてカードローンの審査基準を簡単に述べてきました。それではフリーターはどうでしょうか。 これは会社員や自営業者に比べてかなり厳しいといわざるをえません。一番は収入面です。フリーターと名乗っている以上、月々の...





銀行カードローンおすすめランキング|当サイト厳選比較!

プロミス