• 銀行カードローン比較ナビ.com

スルガ銀行リザーブドプランの返済をするには?方法と返済のコツとは?

ユニークなサービスが付帯しているカードローンとして知られ、人気を集めているスルガ銀行のリザーブドプラン。

スムーズな返済のためには、押さえておきたいいくつかのポイントがあります。

今回は、覚えておきたい返済のための注意点とコツをご紹介します。

 

最初に「約定返済」と「随時返済」の違いをしっかり理解しておこう!

 

カードローンの返済の方法には約定返済と随時返済の2通りがあります。

 

約定返済とは、契約時にカードローン会社と取り決めた定期的な支払い方法を指します。

契約して決めた支払いなので必ず守らなければ、

個人信用情報に記録される可能性がありますし、

そうなれば今後の取引にも影響を及ぼすでしょう。

 

それに対し、

随時返済は毎月の返済以外に任意で返済する方法です。

いわゆる繰り上げ返済で、元金の返済に充てられるため借入金額を減らすのに非常に効果的です。

ただ、ここで注意したいのはあくまで約定返済がメインの返済方法であり、

随時返済は約定返済をきちんと行った上でのプラスアルファの返済であるという点です。

 

リザーブドプランでは毎月1日時点での残高に対しての約定返済を20日~翌月1日の間にすることになっています。

また2日~19日の間になされた返済は随時返済となり、約定返済とはみなされない事にも注意が必要です。

 

定例返済金額上の金額で約定返済を遅延することなく行い、

余裕がある時には更に随時返済で残高を減らしていくことを心掛けるという返済方法が、基本であり大切なことです。

 

 

返済金額は自分で決められるの?ミニマムペイメントって何?

ミニマムペイメントと随時返済を賢く活用するイメージ

リザーブドプランでは残高スライド元利定額リボルビング方式を返済方式として採用しています。

毎月1日時点での借入残高によって次回の返済金額が決定されるのですが、

決定される金額は返済最低金額になります。

この返済最低金額のことをミニマムペイメントと呼びます。

 

ミニマムペイメントでの返済は月々の返済の負担がとても小さく、無理なく返済できるのがメリットですが、

借入期間も長くなるため返済総額が大きくなるというデメリットがあります。

 

ミニマムペイメントはあくまでも最低返済金額ですので、

先に述べた通り、少しでもゆとりがあれば金額を上乗せして随時返済を行うのがスムーズな返済のコツです。

 

リザーブドプランでは借入残高が減るほどミニマムペイメントの金額も小さくなります。

ミニマムペイメントの額が小さくなった時もこれまで通りの金額で返済ができれば、

効率よく借入残高を減らす事ができるでしょう。

返済時の利用残高

最低返済額(ミニマムペイメント)

10万円以下

3千円以上

10万円超20万円以下

6千円以上

20万円超30万円以下

9千円以上

30万円超40万円以下

1万2千円以上

40万円超50万円以下

1万5千円以上

50万円超100万円以下

2万円以上

100万円超150万円以下

3万円以上

150万円超200万円以下

4万円以上

200万円超250万円以下

5万円以上

250万円超300万円以下

6万円以上

300万円超350万円以下

7万円以上

350万円超400万円以下

8万円以上

400万円超450万円以下

9万円以上

450万円超500万円以下

10万円以上

500万円超550万円以下

11万円以上

550万円超600万円以下

12万円以上

600万円超650万円以下

13万円以上

650万円超700万円以下

14万円以上

700万円超750万円以下

15万円以上

750万円超800万円以下

16万円以上

参照 スルガ銀行HP:http://www.surugabank.co.jp/surugabank/prod/pdf/reservedplan.pdf


スルガ銀行の口座を持っていなくても借入・返済は可能だけど…

スルガ銀行に口座開設したイメージ

スルガ銀行のリザーブドプランは、

スルガ銀行に預金口座を持っていなくても借入や返済が可能ですし、

利用できる提携ATMも充実しています。

 

セブン銀行、e-net、イオン銀行、ゆうちょ銀行などが利用でき、利用手数料は無料となっています。

24時間いつでも利用できるコンビニエンスストアの提携ATMは忙しい人にとっては確かに大変便利です。

 

しかし、返済の期日を絶対に忘れずにいられるという保証はありません。

そこで、できることならばぜひスルガ銀行に口座を作りましょう。

 

返済日までにカードでの返済をしなければ、

「ミニマムペイメントを口座から自動で引き落とししてもらえるサービス」があるからです。

またもちろん初めから自動引き落としの手続きをしておくこともできます。

これで確実に返済することができますね。

 

インターネットバンキングを利用すれば、

自宅にいながら簡単に残高のチェックができるので、

時間に余裕をもって口座に入金しておくことも可能です。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローンおすすめランキング|当サイト厳選比較!

プロミス