• 銀行カードローン比較ナビ.com

案内状が来る?みずほ銀行カードローン増額の方法とコツ4つとは?

カードローンを使用していてもう少し多く借り入れたいと思ったことはありませんか?

また、ATMを利用している時に増額の案内が表示されたことはありませんか?

 

今回はみずほ銀行カードローンで増額をする方法について説明していきます。

 

追加で借り入れるには2通りある!増額の申請の仕方は?

増額の案内状が届くイメージ

まず、カードローンには融資を追加で受ける方法が2通りあります。

現在限度額50万で、40万円借り入れているとします。

追加で10万円借り入れる場合は限度額内の融資で、

これを追加融資と言います。

このような限度額内の増額の場合は手続き不要で何度でも借り入れが可能です。

 

一方後30万円追加でお金を借り入れたい時は、

限度額の中では足りません。

この時に限度額の増額が必要になるのです。

 

みずほ銀行のカードローンの場合、

①増額をする時は自分で申請をする

②みずほ銀行から増額の案内が来るかの二つです。

 

後者は、事前に登録した住所にATMで操作するよう案内の書いてある送付物が送られてきます。

その後、指示通りATMで操作すれば手続きが完了となります。

 

それでは、自分で申請する場合はどうすればよいのでしょうか?

方法は以下の3通りです。

①ウェプ(パソコン・スマートフォンなど)

②電話

③みずほ銀行の窓口

 

またみずほ銀行カードローンの場合、

正式には「増額申請」ではなく、

「カードローンへの再申し込み」という形になるというのが大きな特徴です。

つまり「現状維持」「増額」が保証されるどころか、

「一から審査して限度額が決められる」ということになります。

 

増額が通りやすくなる条件は?4つのポイントに分けて説明します!

条件4つをしっかり説明するイメージ

①契約後から半年以上の利用がある

契約後の利用実績は特に重要です。

「半年」というのはおおよその目安で、

定額返済以上に繰り上げ返済が行われているかどうかもポイントになるでしょう。

 

②返済トラブルがない

利用中に一度でも返済が滞っていると、増額を認めてもらうのはとても厳しくなります。

「現在の限度額でさえ返済できなかったことがある」利用者に対して、

「限度額を上げよう」と判断するのは、

リスクがあまりに大きいことは想像に難くないでしょう。

 

これはみずほ銀行カードローン利用時だけでなく、他の金融機関で借りている場合も含まれます。

各金融機関は信用情報機関を通して、利用実績を共有していることがほとんどです。

滞納の履歴は長い場合は5年残ることもあるので注意してください。

 

③他のカードローンを新たに利用していない

みずほ銀行カードローン利用開始後に、

他のカードローンも利用し始めた場合は、

先述の場合と同様に、みずほ銀行に対しての返済能力が下がることを意味します。

増額どころか減額という可能性も大いにありうるので、注意が必要です。

 

④年収に大幅な低下がない

みずほ銀行カードローンの場合は再申し込みという形をとるので、

最初の申し込み時と同様に、年収などの情報を再提出する必要があります。

 

そこで年収の大幅な減少があると、

この場合もやはり返済能力が下がることを意味しますので、

減額になってしまうことも十分にあり得ます。

もちろんその逆に年収が増えている場合は、

増額の可能性も高くなると言えます。






同じカテゴリーの最新の記事




銀行カードローンおすすめランキング|当サイト厳選比較!

プロミス